FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11/07(Sun)

化身

化身、バケミ。


自分でありながら自分でなくなった状態。

ある意味、演技やミュージカルなどもその状態である。




今日はバイトでした。

思い上がりかも知れませんが、おそらくこの仕事の経験があるのは全人口の中で0.1%いるかいないかだと思います。


決して素顔をさらしてはいけない仕事

決して声を発してはいけない仕事

決していつもの自分を生かしてはいけない死事





キグルミでーす(^o^)/


私にこの仕事の依頼が入るようになってかれこれ四年になります。

まだまだ経験は浅いままですが、最初の頃と比べるとかなり上達したと思います!


ちょっと自慢ですがっぽいですが、会社の方にかなり気に入られたらしく、

私はただのバイトでありながら、このメーカー専属のスーツアクターであります。

とはいえイベントの時だけコールされるので年に3回程度です。



心がけることはただ一つ。


私はレゼルではない。ライオンちゃんだ。



自分でもよくわからなくなるくらい夢中になって「ライオンちゃん」を演じます。


ちょっと心理学っぽい分析をすると、

おそらく私の無意識領域の中に私の気づいてないライオンちゃんの私がいるとも思います。

人はみんな「自分の知らない自分」=「ペルソナ」を複数持っているみたいですよ?ww



まぁ、ややこしい話は差し置いて、今日の出来事を一つ。


いつも通りのライオンちゃんの私の前に5歳の少女が現れ…


ライオンちゃんに抱きついてきた!

まぁ、こういう子はたまにいます。
びっくりするほどのことではありません。


女の子がライオンちゃんの手を引いて歩き出した!


まぁ… 珍しいことではありますね。



その次、困ったその子の母親が女の子を抱き上げて行こうとすると…




大泣きした!!!!



ホームセンター中に響くほどの大声で!


うわー びっくりしました…

まさかライオンちゃんとそこまで相思相愛一緒にいたかったのか…



…何とか買い物をしながらも何度もライオンちゃんのとこに来て抱きついてきた。

他の子供もたくさんいたので、片手で抱き上げて、他の手で風船を配りながらライオンダンスを疲労する様に…


その子が帰るときも私は駐車場まで手を引かれてついて行った。

さすがにそれ以上は行けないので泣きそうなその子と熱い抱擁を交わし、車に乗せることに成功した。


はぁ…

その子はなっかなか可愛い感じの女の子だったな。


私はというと、


全く何も感じなかった。

だって、その子は私ではなくライオンちゃんにゾッコンだったんですよ。

まぁ、ライオンちゃんの中の私を見抜いてああ行動したのなら少しは振り向いてあげてもいい…ヨクナイ!!!!!


5歳にドキもくそもありませんよ!!


まぁ、この子以外にも熱く接してくる子供はたくさんいるわけで、

私はロリコンじゃなくてホントよかったと思っています(笑)



でも、裏で変身を解いた私が会場に戻ると誰も気づかないあの感じ…

あんなに熱烈に迫ってきた子供たちがみんなシカトです(笑)


ふふっ、経歴4年の私はもう寂しいなんて感じないゾ!(涙)CA390049 (Small)ライオンちゃん(笑)

スポンサーサイト
22:50  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://lesaile.blog76.fc2.com/tb.php/4-00547237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。